浄水器の役割
便秘解消

浄水器の役割

浄水器の役割は、水道水に含まれている有害な物質を取り除いて水を飲める状態にすることです。
現在は、法律や公的な規格基準により、水道水のなかに含まれている塩素やトリハロメタンなどの物質を取り除いたり、または減少させる機器のことを浄水器と呼んでいますので、浄水器の役割をより具体的にいうならば、水道水に含まれる残留塩素やトリハロメタン等の物質を取り除くことと言えるでしょう。
家庭用浄水器には、水道水をろ過し、おいしく安全な水を作る役割が求められています。

そこで、活性炭で残留している塩素によって引き起こされるカルキ臭や、その他の有機物を取り除き、濾過膜で一般細菌やカビ類、赤錆などを取り除いています。
また、中空糸膜などの精密ろ過機能を備えた浄水器では、一般の細菌以外にも、大腸菌類やクリプトスポリジウムなとといった細菌も除去します。

これらの細菌は、実は水道水からは基準にのっとって取り除かれているはずですが、万一混入した場合には、浄水器で取り除くことができるのです。
ただし、突発的な災害が起こって避難しないといけない場合、蛇口についた浄水器は役に立ちません。持っていくことができないからです。
そんな時のために最近では持ち運びのできる浄水器が販売されていて、川の水などを綺麗にして飲むことができます。

このページの先頭へ